周庭(アグネス・チョウ)の生い立ちやwiki経歴プロフを調査!

「香港民主化の女神」として知られる周庭(アグネス・チョウ)さんは香港の民主活動家です。

香港警察は、2024年2月6日に、カナダで事実上の亡命意思を示していた民主活動家である周庭さんを指名手配する意向を公表しました。

そんな周庭さんの生い立ちやwiki経歴プロフィール、気になるところですよね?

そこで今回は、

  • 周庭(アグネス・チョウ)のwiki経歴プロフを調査!
  • 周庭(アグネス・チョウ)の生い立ち!

こちらのテーマを調査したので紹介します。

目次

周庭(アグネス・チョウ)のwiki経歴プロフを調査!

出典:BUZZFeedNews

周庭さんは2020年8月に香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕されました。

国安法違反とは別件で2020年12月に実刑判決を受けて服役し、2021年6月に出所。

2023年12月に留学先のカナダで香港には戻らない考えをインスタグラムを通じて明らかにしていました。

そんな香港の民主活動家の周庭さんのwiki経歴プロフィールを調査したので紹介します。

プロフィール

出典:Wikipedia
プロフィール
  • 本名:周庭(シュウテイ)
  • 英語名:アグネス・チョウ
  • 生年月日:1996年12月3日
  • 年齢:27歳(2024年現在)
  • 出身:イギリス領香港

周庭さんは、英語名でAgnes Chow Tingとして知られており、日本のメディアからはアグネス・チョウと呼ばれています。

周庭さんは1996年12月3日生まれで、現在27歳になります。

2016年から2020年まで、政党団体である香港衆志(デモシスト)のリーダーを務めていました。

次に周庭さんの経歴を調べたので見ていきましょう!

経歴

出典:産経デジタル

周庭(アグネス・チョウ)さんは、16歳の時から政治活動に関わってきました。

周庭さんの経歴を、時系列で分かりやすくまとめたので見ていきましょう。

【2012年・16歳】反国民教育運動に参加

2012年、16歳の時に、学民思潮のメンバーとして活動し、反国民運動に参加したのが周庭(アグネス・チョウ)さんです。

具体的な行動としては、

中国政府が愛国心教育を推進しようとした際に、「洗脳」として反発しデモ活動を行い、その結果、香港政府は愛国教育のカリキュラム導入を撤回しました。

このような活動に参加し、政府の方針を変えた経験が、その後の周庭さんの活動に大きな影響を与えました。

【2014年・18歳】「雨傘運動」にスポークスマンとして参加

2014年、18歳の時に、学民思潮のスポークスマンとして、周庭さんは「雨傘運動」に参加します。

雨傘運動は、

2017年に予定されていた香港での普通選挙が中国側によって取り消されたことに反対するために行われました。

その結果、中国寄りの候補者が優勢であると考えられることに対する学生たちの抗議として、大学の授業をボイコットする運動でした。

周庭さんは、中国の影響力がますます拡大していることに対する深い危機感を抱いていたと述べています。

【2016年・20歳】「香港衆志(デモシスト)」を設立

2016年、20歳の時に、周庭さんは羅冠聡(らかんそう)さんや黄之鋒(こうしほう)さんと共に、政党「香港衆志」を創設しました。

周庭さんはその初代副事務局長に就任しました。

20歳で政党を立ち上げ、リーダーのポジションに就くなんて、本当に熱心な活動家です。

【2019年8月・22歳】1回目の逮捕

周庭さんは、2019年6月に逃亡犯条例改正に反対する抗議活動に参加し、

その結果逮捕されました。

そして、2020年8月6日には、この抗議活動に関する罪状で有罪が宣告されます。

量刑が2020年の12月に出るのを待っているところでした。

【2020年6月・23歳】香港衆志から脱退

香港国家安全維持法が全人民代表大会常務委員会で可決され成立した後、周庭さんは、

香港衆志からの脱退を表明しました。

同日、香港衆志自体も解散を宣言しました。

【2020年8月・23歳】2回目の逮捕

昨年6月の逃亡犯条例改正に反対する抗議活動で、警察本部を包囲する「違法集会」を扇動した罪などについて、香港の裁判所が有罪判決を出しました。

8月10日、

香港国家安全維持国家違反容疑で逮捕された。

【2020年11月・23歳】実刑を言い渡される

・2019年6月の香港警察本部包囲デモにおいて、黄之鋒と林朗彦は無許可の集会に参加し、若者たちの参加を扇動した。

・公安条例違反罪により裁判で起訴され、起訴事実を認めたため有罪判決が下り収監された。

・2019年12月2日、香港の簡易裁判所で禁錮10か月の実刑が言い渡されました。

・刑期は模範囚として刑務所内での行動が考慮され、短縮されました。

・翌年の2021年6月12日、香港北西部の刑務所から釈放されました。

【2023年9月・25歳】カナダのトロントに渡る

報道によれば、大学院留学を名目にカナダのトロントに渡り、自身の誕生日である12月3日にSNS上で「おそらく一生(香港には)戻らない」という決意を表明し、

事実上カナダに亡命したとされています。

【2024年2月・26際】指名手配

2024年2月6日にニュースで報道がありました。

香港警察は6日、留学先のカナダで事実上の亡命の意思を示していた民主活動家、周庭氏を指名手配していると明らかにした。香港メディアが伝えた。周氏は香港警察に定期的に出頭するよう求められていたが、2023年12月末の期限までに香港に戻らなかった。

毎日新聞
ニュートレ君

16歳の若い時から民主活動をしてきた周庭さん。
周庭さんは意思の強い、行動力のある、すごい方なんですね!

周庭(アグネス・チョウ)の生い立ち!

出典:NEWポストセブン

周庭(アグネス・チョウ)の生い立ちについて紹介します。

周庭さんは香港生まれの香港育ちですが両親の思惑で2017年まで、

イギリス国籍を保有していました。

周庭さんに転機が訪れたのは2010年です。

周庭さんが当時高校1年生だった頃、小中学校の教育カリキュラムが中国政府よりだったためデモ運動が起こります。中学生も参加していたことから、

周庭さん自身も興味を持ち学生運動に参加します。

ニュートレ君

キッカケはデモ運動に何気なく参加。
ですが後に、政党団体である香港衆志(デモシスト)のリーダーまで務めた周庭さん!かなりカリスマ性人望がある方なのが分かりますよね。

今回は指名手配になってしまった周庭さんのwiki経歴プロフィールや生い立ちについて紹介しました。

今後の周庭さんの動向から目が離せませんね!

また新しい情報が入り次第追記します。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次