【悪評】相沢友子の脚本がヤバい!原作クラッシャーの作品7選! 

原作者・芦原妃名子(あしはら ひなこ)さんの代表作『セクシー田中さん』がドラマ化しました。

その大ヒットドラマの『セクシー田中さん』の脚本を務めたのが相沢友子(あいざわ ともこ)さんです。

そんな相沢友子さんが原作クラッシャーとして話題になっています!

相沢友子さんの脚本が改悪すぎると悪評がたっています。

そこで今回は、

  • 【悪評】相沢友子の脚本がヤバい!
  • 【悪評】相沢友子の原作クラッシャー作品7選!
  • 相沢友子の脚本がいいとの声

こちらのテーマを調査したので紹介します。

目次

【悪評】相沢友子の脚本がヤバい!

日本の脚本家・シンガーソングライター・女優の相沢友子さん!

そんな相沢友子さんの担当した脚本が改悪すぎると悪評がたっています。

原作クラッシャーとして話題になるほどです。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)でも、あまりいいと思わないポストが多数見受けられました。

ニュートレ君

テレビ局や放送の尺など色々と難しい問題もあるでしょうから、一概に相沢友子さんだけの問題ではないような気がします。ですが脚本家は代表して叩かれてしまうのでしょうね。

【悪評】相沢友子の原作クラッシャー作品7選!

相沢友子さんが原作クラッシャーと言われている過去の作品をまとめたので見ていきましょう!

また世間の声も一緒に紹介します。

セクシー田中さん

出典:日本テレビ公式サイト

「セクシー田中さん」は原作者・芦原妃名子さんの漫画をドラマ化した作品です。

原作者の芦原妃名子さんはドラマ『セクシー田中さん』についてドラマ化の際、漫画に忠実であることを条件にドラマ化に同意したそうです。

ですが、原作を大きく改変した脚本だったとされています。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)でも私物化」「原作を壊すなどの声が多数ポストされていました!

漫画を実写化すること事態が難しく、テレビ関係者、放送時間、キャストなど色々な問題を考慮しながらなので、致し方ないのかもしれませんね!

ミステリと言う勿れ

出典:フジテレビ公式サイト

「ミステリと言う勿れ」は原作者・田村由美さんの漫画をドラマ化した作品です。

田村由美さんの描く原作は小学館漫画賞も受賞した作品です。

またドラマが人気で映画化もされました。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)でも原作改変最悪」「キャラの改変という声が多数ありました。

たしかに原作のファンからしたら、キャラの改変は許せなかったのでしょうね!

ですが、俳優や女優のスケジュールもありますからしょうがないところもある気がしますね。

トレース〜科捜研の男〜

出典:TVer

「トレース〜科捜研の男〜」は古賀慶さんの漫画をドラマ化した作品です。

累計120万部を突破する人気作品で話題になりました!

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)でも原作「トレース科捜研包囲研究員の追走」をドラマでは「トレース~科捜研の男」に変更してしまったという声が多数ありました。

原作のファンからしたらタイトル変更は許せなかったのでしょうね。

これも脚本家だけではなく、ドラマの制作スタッフも関わっているでしょうから脚本家の責任だけではないですよね。

人は見た目が100パーセント

出典:FODフジテレビ

「人は見た目が100パーセント」は、大久保ヒロミさんの漫画をドラマ化した作品です。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)では原作の良さが全部消えてる」「公開処刑などの悪評の声が多数ポストされていました。

キャストの決定は、脚本家ではなくドラマの制作スタッフなども関係してくるので致し方ないですよね!

失恋ショコラティエ

「失恋ショコラティエ」は水城せとなさんの漫画をドラマ化した作品です。

主演は松本潤さんと石原さとみさんの大物で凄く話題になりました。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)ではキャラ変という声が多数ポストされていました。

原作のファンからしたら好きなキャラのキャラ変は許せなかったのでしょうね。

漫画のキャラに実写で合わせることは難しいんだと思います!

こちらも脚本家だけでなく監督や制作スタッフなども関わっているでしょうから、一概に脚本家でけの責任ではないと思います。

ビブリア古書堂の事件手帖

「ビグリア古書堂の事件手帖」は、三上延さんのライトミステリ小説をドラマ化した作品です。

メディアワークス文庫で初のミリオンセラー作品で、2020年6月時点でシリーズ累計発行部数は700万部を突破しました。

また絶版本が復刊されるなどの人気作品です。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)では原作ねじ曲げ」「キャラ変という声が多数ポストされていました。

キャラ変というよりも、原作が小説なのでイメージが個人で違うので「キャラ変」というよりもイメージが違ったといことですかね!

鹿男あをによし

「鹿男あをによし」は、万城目学さんの小説がドラマ化した作品です。

世間の声を見ていきましょう!

このようにX(Twitter)ではめちゃくちゃ」「改変が酷いなどの声が多数ポストされていました。

原作のイメージからドラマ化すると、少なからず違和感があるのかもしれませんね!

相沢友子の脚本がいいとの声

相沢友子さんの脚本がいいという声も多数ありましたので紹介します。

このようにX(Twitter)で批判とは逆に相沢友子さんの脚本が面白かったなどの声も多数ポストされていました!

特に「鍵のかかった部屋」や「恋のチカラ」の評価が高かったです。

今後も相沢友子さんの脚本に注目していきたいです。

また明確なことが詳しく分かっていないので、第三者が誰かに誹謗中傷するのはやめましょう!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次